« 【どたばた?! インド紀行】 | トップページ | 【どたばた?! インド紀行】 »

2016年5月16日 (月)

【どたばた?! インド紀行】

4日目:


アグラ、ムガール帝国の都。
アグラと言えばそう、あのタージ・マハルなのだ。
インドで、いや世界で最も美しい建築物だと言える。
タージ・マハルは、ムガル帝国第5代皇帝のシャー・ジャハーンが、ムムターズ・マハル妃のために造った、「お墓」なのだ。


先ずは、チケット売り場でチケットを買う。

Img_1443


そして、女性と男性に分かれて列に並び、厳しい入場チェックを受ける。
タージ・マハルの入場には、厳しい条件が沢山あり、本、たばこ、菓子類などの持ち込みは不可、荷物チェックで没収されてしまうのだ。
持ち込みができるのは、貴重品(財布、パスポートなど)、カメラ、スマホ、ミネラルウォーターのみ。

Img_1444Img_1445

赤砂岩で建てられた、典型的なムガル・イスラム建築のメインゲート。
ここを抜けると、真正面に真っ白なタージ・マハルが見えてくる。
この門枠をフレームに、皆が写真を撮ろうとしているので、このメインゲート周辺は、かなり込み合う。

Img_1446Dsc00154

Dsc00150Dsc00151


墓所の中に入るには、靴を脱いで裸足になるか、シューカバーを付けなくてはならない。
また、墓所の中は、写真撮影は禁止されている。

Img_1455Img_1456


因みに、昼間のタージ・マハルはかなり暑いので、朝が夕方の比較的気温が上がる前の見学がお勧め。
更に、昼間より美しいと言われる月光に照らされたタージ・マハル、特に、満月の夜は一見の価値あり!

ヤムナー河を挟んで、タージ・マハルの対岸にあるアグラ城。
シャー・ジャハーンは息子によって、皇帝の地位を追われ、ここに幽閉されてしまうのだ。

Img_1461Dsc00156

Dsc00158Img_1464


今日のランチはインドの定食「ターリー」、またまた、カレー。
ターリーとは、大皿を意味する。
大きな皿に、主食、数種類のカレー、漬物、ヨーグルトなどが盛りつけられている。

Img_1468


インドも4日目ともなると、そろそろ、お腹の具合が最高潮になってくる。
休憩の度にトイレに駆け込み、観光地でも、トイレの場所を確認してからスタートする。
大好きなはずなのインドカレーも、このころになると、なかなか箸(スプーン)が進まなくなる。。。
飲み物は、安心して飲める瓶・缶を飲んでいたが、そろそろ、ビールも飽きてきた。
でも、ローカルレストランでワインを頼む勇気はなく、ライチジュースや、リムカと言うレモンライム味の炭酸飲料などを試す。 食後には砂糖とミルクが入ったチャイ、生姜やカルダモンなどのスパイスが効いている。

デリーまで車で戻り、明日は、インド最後です。

N.M.

« 【どたばた?! インド紀行】 | トップページ | 【どたばた?! インド紀行】 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1696704/65513076

この記事へのトラックバック一覧です: 【どたばた?! インド紀行】:

« 【どたばた?! インド紀行】 | トップページ | 【どたばた?! インド紀行】 »

フォト
無料ブログはココログ
2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ウェブページ